インスタントコーヒーのおいしい飲み方

インスタントコーヒーをおいしく味わうには

コーヒー豆や粉末、ドリップタイプ、インスタントなど、コーヒーにはいろんな種類がありますが、工夫すればインスタントコーヒーをよりおいしく味わうことができます。ここでは、ちょっとした工夫を加えるだけで、おいしく味わう方法についてご紹介しましょう。

 

インスタントコーヒーは、コーヒー用のスプーンで1杯分の量をきちんと計り、1杯分のお湯の量は150cc程度、お湯の温度は93〜95度が適温ですお湯をわかして沸騰したら、コーヒーカップにインスタントコーヒーを入れる前に、必ずお湯でコップをよく温めておきましょう。

 

コップに熱が伝わったら、お湯を捨てて、インスタントコーヒーをコップに入れて、お水を少し入れてよく混ぜて練ります。そのあと、カップにお湯を注いでよくかき混ぜてできあがりです。あとは好みで、甘味料やクリームなどを入れると良いでしょう。

 

甘味料やクリームの選び方によっても、インスタントコーヒーのおいしさがグンとアップします。砂糖を使うよりもグラニュー糖のほうが上品な甘みになり、はちみやメープルシロップを使うと、まろやかな味わいになります。

インスタントコーヒーで香ばしさを出すには

スーパーで販売されているインスタントコーヒーは、実に種類が豊富で、どれを選んだら良いか迷ってしまいますよね。インスタントコーヒーは、短時間で手軽においしいコーヒーが味わえるのが魅力ですね。細かい粉末タイプのインスタントコーヒーもあれば、やや大粒のフリーズドライ製法のものもあります。

 

コーヒーの香りにこだわりたい人は、フリーズドライ製法で作られたインスタントコーヒーを選び、カップに入れてお湯に溶かす前に、その時に飲む分だけフライパンや小さなお鍋などで、軽く煎ると、コーヒー特有の香ばしさが楽しめます。

 

コーヒー豆を軽く煎ると浅煎り、深く煎ると深煎りコーヒーになるのと同じように、フリーズドライ製法のインスタントコーヒーなら、コーヒーの香りも自分好みにカスタマイズできます。