コーヒーで知っておきたい専門用語

希少価値が高いとされるピーベリーのコーヒー

世界中に数多くのコーヒー豆が存在していますが、豆の形で分類すると平べったくて楕円形のコーヒー豆もあれば、丸い形をしたものもあります。その中でもピーベリーと呼ばれる豆は、とくに希少価値が高いとされています。ピーベリーは、日本語では丸豆といい、珈琲豆全体のうち、わずか3〜5%にも満たないほど、収穫量が少なくなっています。

 

一般的なコーヒー豆は、フラットビーン(平らな豆という意味)といい、楕円形をしていて平らな部分には線があり、2個で1個のコーヒー豆が構成されています。しかし、ピーベリーは、丸くてコーヒー豆の中にひとつずつ入っているのが特徴的です。

 

一般のコーヒー豆とピーベリーを比較すると、とくに成分などに違いがあるというわけではありませんが、生豆を収穫した後、焙煎する段階で味や香りが変ってきます。ピーベリーは、コーヒー豆が変異したものと考えられていますが、このピーベリーだけをかき集めて販売されているコーヒー豆は、収穫量が極めて少ないため、高値で販売されています。

高品質なスペシャリティコーヒーの魅力

コーヒーショップやスーパーなどで、パッケージにスペシャルティコーヒーと書かれている商品をよく見かけることがあります。スペシャルという名がついていることから、レギュラーコーヒーよりも品質の高いコーヒーであることはだいたい想像がつくと思います。

 

スペシャルティコーヒーと書かれている商品は、スペシャルティコーヒーのみが厳選されたコーヒー豆、または粉末が入っているものもあれば、スペシャルティコーヒーがブレンドされているものもあります。

 

そもそもスペシャルティコーヒーとは、簡単に言えばコーヒー豆の産地の個性が活かされた品質の高いコーヒーのことを指す言葉であり、きちんとした基準が定められています。

 

アメリカには、スペシャルティコーヒー協会という民間団体があり、コーヒー豆の品質から生産処理、品質管理や出荷体制など厳しいチェック項目があり、これをクリアしたものだけが、スペシャルティコーヒーと呼ばれて流通されています。