コーヒー農園を訪れてみよう

コーヒー農園を見学して焙煎し立てのコーヒーを味わう

コーヒーが好きな人は、海外旅行に行く機会があれば、ぜひ1度コーヒー農園を見学してはいかがでしょうか。新婚旅行や家族旅行でハワイを旅する人も多く、ハワイ島のコナコーヒーカウコーヒー、やカウアイ島のカウアイコーヒー、マウイ島のマウイコーヒーなど、400カ所ものコーヒー農園が存在しています。

 

ハワイ旅行では、オプションツアーとして、マカデミアナッツの工場見学やコーヒー農園の見学ができるプランがあります。日本国内では入手が困難で高価なハワイのコーヒーを、ハワイのコーヒー農園に行って、コーヒー豆の収穫や精製、焙煎をしているところを目で見て、コーヒーの味と香りが楽しめるのが魅力です。

 

ふだんわたしたちは、毎日の生活の中で、コーヒーを手軽に飲んでますが、実際にコーヒー農場や工場を見学すると、おいしいコーヒーを作るまでの過程や農家の人々の熱い思いがひしひしと伝わってきます。

コーヒー農園で本場のコーヒーが現地で味わえるのが魅力

スーパーやコンビニで販売されているコーヒー豆や粉末は、精製・焙煎されてからかなり月日が経過しているものもありますので、コーヒーの新鮮な香りが伝わりにくいこともあります。

 

実際に、コーヒー農園や焙煎工場に見学に行って出される1杯のコーヒーは、飲む前に香りがとても芳醇で、これまで飲んでいたコーヒーとは比べものにならないほど、素晴らしいものです。

 

海外旅行で、ショッピングセンターやスーパーなどでコーヒーをお土産に買う人もいますが、農園や焙煎工場で販売されているコーヒー豆は、焙煎したてのものが販売されているので、新鮮さがまったく違います。コーヒーは自宅用にはもちろん、お土産品としても大変喜ばれるものです。

 

その昔、なつかしのメロディに♪一杯の珈琲から♪という歌がありましたが、ハワイやブラジルのコーヒー農園でいただく一杯のコーヒーは、酸味と苦みのバランスが良くて芳醇な香りに癒やされ、これまでのコーヒーの価値観がまったく変わることでしょう。
農家の人々が丹精こめて作ったコーヒー、ぜひ1度、現地で体感してほしいものです。