お酒の入ったコーヒーはいかが?

ほろ苦い大人のコーヒーならアルコール入りがおすすめ

まろやかな味わい、甘みや酸味が活かされたコーヒーも良いけれど、ちょっぴりほろ苦い大人のコーヒーが飲みたい!と思ったら、お酒の入ったコーヒーはいかがでしょうか。アルコールが入るので、車の運転をする人は絶対にダメ!ですが、夕食の後にコーヒーを飲みたい人は、お酒入りのコーヒーはまた格別な魅力が感じられることでしょう。

日本国内では、コーヒーにお酒を入れて飲む習慣などはありませんが、アルコールの入ったコーヒーのルーツは、アイリッシュ・コーヒーの発祥地とされるアイルランドとも言われています。

アイルランドと言えば、アイリッシュ・ウイスキーがあまりにも有名ですよね。そのアイリッシュ・ウイスキーとコーヒーとブレンドした飲み物が、アイリッシュ・コーヒーです。コーヒーの一種というよりは、コーヒー入りのカクテルといったほうが良いかもしれません。

コーヒーと相性の良いおすすめのアルコール類はどれ?

コーヒーと相性の良いアルコール類について、いくつかご紹介しましょう。アイリッシュ・ウイスキーの他にも、スコッチ・ウイスキーやジン、アマレット、アクアビットなどがあります。

アマレットは、日本国内ではあまり知られていないようですが、アーモンドの香りによく似たリキュールですが、減量にはアーモンドではなく果物のアンズの核の部分、杏仁が使われています。杏仁と言えば、中華料理のデザート・杏仁豆腐の材料ですよね。アマレットは、コーヒーとの相性も抜群です。

ただし、アルコール度数が高いので、淹れる量はほんの少しにとどめておきましょう。ホットコーヒーやアイスコーヒーに、ほんのちょっぴりアマレットを淹れて飲むのも良いし、コーヒーゼリーにもおすすめです。

アクアビットはジャガイモから造られた蒸留酒で、欧米で人気のお酒です。アマレットやアクアビットがなかなか手に入らない時は、赤ワインをコーヒーに淹れて飲むのも良いですね。ホットコーヒーに赤ワインを少量淹れるだけで、ホットワインコーヒーのできあがりです。


関連ページ

コーヒー通におすすめのハワイのコーヒー
コーヒーの王様・ブルーマウンテンの魅力
世界生産量第一位!  ブラジルのコーヒーの魅力とは
生産量が少なく希少価値が高い幻のコーヒー
グアテマラコーヒーの魅力とは
フレーバーコーヒーの魅力
コーヒーの歴史を知りたい
ベトナムコーヒーの魅力
コーヒー喫茶の定番メニュー・ウインナーコーヒーの魅力
コーヒーでカクテルを楽しむ
イタリアのエスプレッソのコーヒーの魅力
フレンチプレスでおいしいコーヒーを淹れる
コーヒーのミルクと甘味料の選び方
日本国内のおいしいコーヒーをご紹介します
コーヒー豆の三大原種の特徴が知りたい
コーヒー出がらし活用法
ブレンドコーヒーをおいしく味わう
お気に入りストレートコーヒーを見つけよう
インスタントコーヒーのおいしい飲み方
コーヒーをおいしく淹れる道具
コーヒーで知っておきたい専門用語
コーヒーショップの上手な選び方
コーヒー農園を訪れてみよう
生豆と焙煎豆の特徴の違いは?
カルダモンコーヒーの魅力とは
定番はやっぱりブレンドコーヒー
マウンテン系コーヒーの魅力とは
コーヒーとスパイスの関係について
フレーバーコーヒーの魅力とは
ジャコウネココーヒーについて
コーヒーと美容の関係が気になる!
お酒の入ったコーヒーはいかが?
コーヒー豆のランクについて

 

スポンサーリンク