コーヒー豆のランクについて

コーヒーの品質・等級について知っておこう

世界中のコーヒーの種類は、いったいどれくらいの数なのか想像がつかないほどです。希少価値が高く市場にほとんど出回ることのない幻のコーヒーや、世界最高級と言われるコーヒーもあります。

ブルーマウンテンやハワイコナは、世界最高級のコーヒーと言われており、ストレートコーヒーとして販売されているコーヒー豆は100gの価格が3000円と以上とも言われています。しかし、価格だけではコーヒーの品質を見分けることはできません。

コーヒー豆は、生産地によって品質の基準にも違いがあるようです。コーヒー王国とも呼ばれるブラジルでは、300gのコーヒー豆に混入された欠点数により、最高級のものがNo.2、もっとも品質が低いものはNo.8となり、8つの等級(タイプ)に分類されています。

コーヒー豆のサイズのことをスクリーンといい、豆のサイズが大きいものほど品質が高くなります。この他には、カップといってコーヒーの味やニオイによって品質を見極める方法があります。

コーヒーの栽培地によって品質基準が異なる

品質の高いコーヒーを手に入れたいと思うのなら、コーヒーがどこで栽培されているのか、どの農園で栽培されているかチェックすると良いでしょう。品質が低いコーヒーは、商品ラベルを見ると生産地は表示されていますが、どこの農園で栽培されたものかは書かれていません。

クリスタルマウンテン、エメラルドマウンテン、ブルーマウンテンなどマウンテンの名がついたコーヒーは、高山地帯で栽培されており、その品質の高さには定評があります。世界的にも有名なキリマンジャロコーヒーは、キリマンジャロAAと表記されたものもありますが、このアルファベットはコーヒー豆の大きさを表わしており、AAがもっとも大きく、その次に大きいのがA、Aの次に大きいコーヒー豆はABと表示されます。

コーヒー豆の生産国によって、品質の基準についてさまざまな違いがあるので、知っておくと良いですね。


関連ページ

コーヒー通におすすめのハワイのコーヒー
コーヒーの王様・ブルーマウンテンの魅力
世界生産量第一位!  ブラジルのコーヒーの魅力とは
生産量が少なく希少価値が高い幻のコーヒー
グアテマラコーヒーの魅力とは
フレーバーコーヒーの魅力
コーヒーの歴史を知りたい
ベトナムコーヒーの魅力
コーヒー喫茶の定番メニュー・ウインナーコーヒーの魅力
コーヒーでカクテルを楽しむ
イタリアのエスプレッソのコーヒーの魅力
フレンチプレスでおいしいコーヒーを淹れる
コーヒーのミルクと甘味料の選び方
日本国内のおいしいコーヒーをご紹介します
コーヒー豆の三大原種の特徴が知りたい
コーヒー出がらし活用法
ブレンドコーヒーをおいしく味わう
お気に入りストレートコーヒーを見つけよう
インスタントコーヒーのおいしい飲み方
コーヒーをおいしく淹れる道具
コーヒーで知っておきたい専門用語
コーヒーショップの上手な選び方
コーヒー農園を訪れてみよう
生豆と焙煎豆の特徴の違いは?
カルダモンコーヒーの魅力とは
定番はやっぱりブレンドコーヒー
マウンテン系コーヒーの魅力とは
コーヒーとスパイスの関係について
フレーバーコーヒーの魅力とは
ジャコウネココーヒーについて
コーヒーと美容の関係が気になる!
お酒の入ったコーヒーはいかが?
コーヒー豆のランクについて

 

スポンサーリンク