おいしいコーヒーの上手な選び方

毎日お口に入れるコーヒーだから、お気に入りの一杯を選びたい!そんな皆様にオススメの人気商品と、読むとタメになる豆知識をまとめました。ダイエット用、育児用、無農薬コーヒーなど、話題の商品も要チェック!

*

バターコーヒーのダイエット効果が気になる

   

バターコーヒーとはオイル健康法のひとつ

若い女性と主婦の間で今、ひそかに人気を博しているのがバターコーヒーダイエットですよね。しかし、バターとコーヒーってどこかミスマッチな気がするし、そもそもバターは脂肪分が多いのでダイエットに向かない食材なのではとも思います。

そもそもバターコーヒーというネーミングから、脂肪が多くて高カロリーというイメージですよね。そこで、まずはバターコーヒーの基本からしっかり押さえていきましょう。

実はこのバターコーヒーは、喫茶店やコーヒーショップでは韓国料理のチーズタッカルビやハットクにもひけをとらないほどの大人気メニューなのです。しかも、わざわざ1杯のバターコーヒーを求めて延宝から来店する客も増えているとも聞きます。

バターコーヒーという言葉を聞くと、単純にバター入りのコーヒーをイメージしますよね。しかし、実際にコーヒーに入っているのはバターだけではないという話もよく耳にします。
実はバターだけではなくMCTオイルが入っていて、美容と健康に良い油としても注目される存在です。

MCTオイルのMCTとは「Medium Chain Triglycerid」という言葉の頭文字をとった呼び方で、あのココナッツオイルと同じ中鎖脂肪酸なのです。

バターコーヒーダイエットで若返りの効果は期待できる?

バターコーヒーダイエットと呼ばれるくらいですから、ダイエットにうれしい効果が期待できそうですね。中鎖脂肪酸であるMCTオイルは、とくにクセがなくてサラッとしたオイルなので、コーヒーとバターとの相性も良いですね。

しかし、バターコーヒーダイエットをする時に、バターならどんなものでも使えるというわけではありません。バターにもいろんな種類がありますが、バターコーヒーダイエットでもっともよく使われるのはグラスフェッドバターと呼ばれるタイプのものです。

ふだんお菓子作りにバターは、バターコーヒーダイエットでは使えません。普通のバターは動物性脂肪の塊で、体に良い油とはとても言い難いものです。
しかし、グラスフェッドバターをスーパーに行って探すのはなかなか大変なので、代用品としてココナッツオイルやオリーブオイルを使っても良いでしょう。

それではバターコーヒーの作り方を簡単にご紹介しましょう。
1杯のコーヒーにグラスフェッドバターとMCTオイルを大さじ1杯ずつ加えて混ぜるだけでOKです。グラスフェッドバターがなければ、ココナッツオイルで代用しましょう。
コーヒーはドリップしたコーヒーでもインスタントでも構いません。
あとはお好みで砂糖を入れると言いたいところですが、多く入れると高カロリーになりますので、少量にとどめましょう。甘味料は砂糖よりも、はちみつやオリゴ糖のほうがヘルシーで低カロリーです。ダイエット・美肌作り・アンチエイジングを目指して、バターコーヒーダイエットを始めてはいかがでしょうか。


話題の商品をご紹介

ダイエットに最適!「エクササイズコーヒー」

美味しく手軽にダイエットしたい方に大人気!
「エクササイズコーヒー」は、モンドセレクション金賞、楽天ダイエットコーヒー部門1位など、数々の賞を総なめにした話題のコーヒーです。
脂肪の蓄積を抑えるクロロゲン酸が、通常の10倍以上含まれているのでダイエット効果抜群!今なら1袋30本入りが、送料無料の980円(税込)でお試し購入いただけます。

人気のダイエット用「エクササイズコーヒー」

育児用ノンカフェインコーヒー「ぽぽたん」

ノンカフェインなので、妊娠中でも授乳中でも安心♪
「ぽぽたん」は、古くから健康のために利用されているたんぽぽの根でつくった人気のノンカフェインコーヒーです。普通のコーヒーよりもほんおり甘く、小さなお子様でもお飲みいただけます。今なら12個入りパックが送料無料の730円(税込)でお試し購入可能です!

育児用ノンカフェインコーヒー「ぽぽたん」

お通じを改善!「するっとカフェ」

腸内の善玉菌を増やし、自然な”すっきり”をサポート!
お通じの改善効果が期待できる「するっとカフェ」には、食物繊維やアミノ酸が豊富に含まれていて、美容と健康を心掛けている女性に愛飲されています。今なら10回分で送料無料の1,800円(税別)でお試しいただけます。

お通じを改善!「するっとカフェ」

 - お役立ちコラム